相手の反応を観察する

人と会話をしているとき、
不快に感じたりストレスを感じたときは、
ノンバーバルに表れます。

例えば会話の相手が部下で、あなたが部下のミスを指摘したとき、
部下は両肩を上げ首を隠すようなポーズをとることがあります。

自信を失ったときに表れる姿勢ですが、
隠れたいという気持ちも表れます。

もしクライアントと契約内容を交渉しているとき、
クライアントが身をそらしたり、目をこすったりしたら、
クライアントは不快に感じているかもしれません。

あなたの意図が相手を納得させることにあるなら、
このようなノンバーバルを見逃さないことが大切ですね。

相手にストレスを与えている原因が何か。
言い方が良くないのか、態度や姿勢が良くないのか、
あるいは会話の内容そのものが原因なのか。

それを突き止めることができれば、
説得が成功しやすくなるでしょう。

関連記事

  1. 本物の笑顔

  2. 相手が脚を組んだら

  3. やらせること

  4. 自分のスペース

  5. 習慣化のコツ

  6. 視線の方向

  7. 講師のしぐさ

  8. 相手を動かしたいとき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。