「あれやっておいてね」

あなたは部下にこう言うことはありませんか?
または上司から言われたことはありませんか?

「あれやっておいてね」

これを多用している場合は要注意です。

 

部下が「あれ」をやったことがあり、
どのようにやったらいいのか、どんな結果を出せばいいのか、
部下の認識と上司の認識が一致している場合にのみ
有効な言葉です。

でなければ「あれってどれ?」となります。

指示の後、部下の出来映えが悪いとき
「なんでやらないんだ?やってって言っただろ!」
と言いたくなると思います。

ですが部下の不出来はあなたの責任です。
なぜなら指示が不明確だからです。

部下があなたの意図と違って解釈したとしても
それは部下だけのせいではありません。
部下にわかるように伝えなかったあなたの責任です。

NLPでは「地図はテリトリーではない」といいます。
私たちが使う言葉は、表現する物事そのものではないのです。

私達は常に物事を省略、歪曲、一般化して認識しています。
ですので自分が発した言葉は、相手にそのまま伝わるわけではないのです。

指示は具体的にしましょう。
あなたが伝えたいことがちゃんと伝わるように。

 

関連記事

  1. 言った言わない

  2. 講師のしぐさ

  3. 「いかがですか~?」

  4. 本物の笑顔

  5. わかりやすい説明法

  6. うれしい対応とは

  7. 相手の自己重要感

  8. 相手が脚を組んだら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。