わかりやすい説明法

ご存知ですか?
これを使うと相手を納得させることが可能です。
例えば上司、部下、友人、夫婦。
そして講師その他あらゆる職業の方。
誰に対しても使えます。
そして分かりやすい。

 

それはPREP法です。

 

P(POINT)
=話したいことの結論を先に言います。

R(REASON)
=その理由。

E(EXAMPLE)
=例やたとえ話。

P(POINT)
=結論を再度述べて締めくくる。

例えば会社で上司には…、
「部長、新しいトレーニングシステムを至急導入して頂きたいと思います。
なぜなら、現場の士気が低下傾向にあるばかりか、
コンペティターが当社の既存客に攻勢をかけています。
例えば先日、客先から戻った部下から『ライバル会社に取られた!』と
報告がありました。
ですので至急、新しいトレーニングシステムを導入して頂きたいと思います」

例えば夫には…、
「パパ、もう少しビールを控えてくれない?
だって、糖質の摂り過ぎでお腹周りがすごいことになっていますよ。
ニューヨークでは喫煙者とメタボは、それだけで仕事ができないと思われるそうよ。
いずれ日本でも外見で判断される時代が来るのではないかしら。
だからもう少しビールを控えてね」

説得力ありませんか?

関連記事

  1. 心地よさはどこで分かる?

  2. 腹式呼吸のススメ

  3. 相手の自己重要感

  4. 見方を変えて

  5. 「あれやっておいてね」

  6. 信じたことが実現する?

  7. 「いかがですか~?」

  8. 自分のスペース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。