相手を動かしたいとき

相手がやりたくなさそうなことを
相手にやってもらいたいとき

あなたはどのように伝えますか?

命令
指示
依頼
お願い
つぶやく
待つ?

もっといい方法があります↓

この方法はあらゆる相手に有効です。
例えば部下、夫や妻、友達、子ども、生徒など。

その方法とは
  ↓
  ↓
それは「ペース・リード・ペース」です!

 

やり方はこうです。

①相手の価値観を認めます。
②方向を示します。
もっと良くなるようなメッセージを伝えます。
③相手の価値観に結びつけます。

例えば、たくさん遊んだのに宿題をやらない子に対して、
①今日は楽しかったね~
②そして、宿題を先にやってしまおうか。
③そうすると、もっと楽しく遊べるよね。

但し注意点があります。
それは「ペース・リード・ペース」を使い過ぎないことです。

使いすぎるとこうなる恐れがあります。
①のペースを言ったとたん、
学習した相手は
「お、ペーシングしてきたぞ!
これは次に嫌なことを言ってくるに違いないぞ。
その手に乗るものか!」

↑こうならないための方法もあります。
それは相手をコントロールしようとしているか、
愛があるかの違いです。

関連記事

  1. 心地よさはどこで分かる?

  2. 取説読みますか?

  3. 神社の木

  4. 習慣化のコツ

  5. 価値観を受け入れる

  6. プラスワンのひとこと

  7. 言った言わない

  8. 見方を変えて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。