見方を変えて

何かイヤなことがあったとき、
どのように対処しますか?

好きなものを食べる
寝る
音楽を聴く
自転車をこぐ
散歩する
飲む

などなど。

そしておすすめの方法は?

意味づけを変えてしまいましょう!

嫌なことでも、
自分や周りにとって良いことだったと思えたら
もう問題となりません。

たとえば、
バスが発車しそうなので走ったら、
転んでけがをしてしまい、
バスにも乗れなかった…。

「くそ!今日はついてないなあ」
と思うところを、

「ああ、慌ててはいけないと教えてくれたのだな。
この程度済んでよかった」

このようにとらえます。

これを「リフレーミング」と言います。

 

できごと自体には良いも悪いもありません。
私達が出来事を解釈をしたり、
意味づけをしているのです。

であるなら、自分にとって有用で生きやすくなるような
解釈や意味づけをしたいものですね。

関連記事

  1. 視線の方向

  2. ネガティブに考える人

  3. 価値観を受け入れる

  4. 講師のしぐさ

  5. 心地よさはどこで分かる?

  6. 相手の自己重要感

  7. エミリ・ディキンスン

  8. 相手が脚を組んだら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。