やらせること

以前、小学生のサッカーのコーチをしていました。
その時に学んだことです。

コーチが子どもたちに何かをさせようとしたら、
子どもたちは反発します。

例えば「走れー!」「ストレッチしろー!」と叫んでも
自分に素直な子ほど「やだー」と言います。

(これは高学年より低学年の方が顕著です。
高学年になると、イヤイヤながらも従うことを覚えます)

一方、言葉は適切でないかも知れませんが、
コーチが子どもたちに何かをして頂こうとしたら、
子どもたちはやろうとしてくれます。

 

この違いは何でしょうか?

 

私なりの答えは、
子どもたちは、大人のエゴには反発する。
この場合のエゴとは大人の立場からの言動です。

子どもたちは、楽しいことや
自分のためになると分かったら
やりたがります。

こう誘導することもあります。
「思いっきり走ったら、どんどんサッカーがうまくなるぞー」
「Jリーグの選手は、みんなストレッチをしっかりやっているから
強いんだよ」

子どもたちは、やりたいこと以外はやりたくないんですよね。
やりたいこととは、自分が楽しいことです。

大人も本来そうではないですか?

 

では、あなたは部下に、
どのように仕事を「させて」いますか?
または「して頂いて」いますか?

どのように「やりたく」させていますか?

関連記事

  1. 視線の方向

  2. 講師のしぐさ

  3. ちょっと嬉しいこと

  4. 相手が脚を組んだら

  5. 相手の反応を観察する

  6. 自分のスペース

  7. 心地よさはどこで分かる?

  8. 価値観を受け入れる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。